最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
妊娠問題
お勧め
親の教育バイブル
男の子の悩み
産後 ダイエット
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
11499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
799位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスに1人はいる天才な奴

今回は是非学生に読んで頂きたい。

今までの学校生活を振り返ってみたら

クラスに1人は天才的な人いませんでした?」

もっと細かく言いますと

30人のクラスだとして

頭のいい人5人

普通が15人

その他10人

少なくとも私のクラスを分析してみたらこんなんでした。

大体どこもこんな感じじゃないですか。

クラスに特に、ずば抜けている奴がいました。

授業中はいつも寝ている癖にテストではほぼ満点,90点台ばかりの人がいました。

みんな嫉妬してましたが私は尊敬していましたけどね。

ある日私が

「なんで授業も聞いてないのにテストはできるの?」と聞いたら

先生の授業より自分でした方が理解しやすいって言ってました。

なるほど~

私もその子の真似をして自分で勉強を進めて見ましたがダメでした。

結局人それぞれなんですよ。

私勉強全然してない~とか言ってる人も

その姿を見せてないだけでやってるだよ。

頭がいいんじゃなくて、自分に合った勉強をしているだけ。

だから君たちも頑張ってくれよ。

自分の好きなやりかたでね。
スポンサーサイト

言葉使いが悪いことはいいこと?


今回はちょっと変わったテーマだと思います。

「言葉使いが悪いことはいいこと」とはどういうことでしょうか

理解の仕方はいろいろあると思いますが

僕が言いたいのは、言い方は悪いかもしれないけどしっかりとした自己主張がある子のことです。

「あれしたい!これしたい!」「あれ買って!これ買って」「お母さんのバカ!」など

自分をアピール出来る子の方が人間らしく魅力的です。何より素直ですね。

逆に怖いのは

自己主張が弱い子。

一般的に親のしつけが良いとされがちです。

例えば感情を出さない、親の言うことは素直に理解して文句も言わない

もしこの子らが大人になる段階でつまずいた時に、内気になってしまいます。

親の助けが必要な時も言えない。言わないから親も気づかない。

全て1人で解決しようとする。だから怖いのです。


言葉使いが悪いのなんてそのうち直ります。20歳過ぎても直らないなら危険ですけど・・

我が子の言葉使いが悪かったら逆にラッキーと思ってもいいかもです。


反抗期の対処法


今回は「反抗期の対処」について

話したいと思います。

ここはどの親もとても苦労することだと思います。



実は私にも反抗期というものがありました。
中2~中3まででしょうか
とにかく親から避けたい、離れたい衝動が強かったと思います。

反抗期が起きる原因として考えられるのは

成長と自立だと思います。

当時は何でもできると思っていたのでとにかく親の注意や小言があるたびイライラしていました。

勉強しなさいかたずけしなさいとか言われるたびにムキになっていましたね。

具体的な対処で言いますと

もし子供が反抗期を迎えた時は、
「大人だと思って接する」ことが大事だと思います。
極論を言いますと「無干渉」です。

いっさい関わらないこと、何も言わないこと

すると反抗期が終わるぐらいから向こうから、寄ってくるようになると思います。


是非参考にしてください。

ちゃんとした叱り方


こんばんわ チルドです。

人間誰でも、過ちはおかします。

それは子供でも一緒だと思います。

もし過ちを犯してしまった場合、どのような叱り方,しつけをしましたか?

今回は「叱り方」について話したいと思います。

子供に思考力をつけさせる叱り方があります。

それはまず問題が起こったら、


どうゆう状況でどうなったかをちゃんと聞いてあげること。

事細かに、太郎君がね僕をからかったから・・グスン

まずしっかり主張を聞いてあげてくださいね。

一方的に悪い場合はしっかり怒ってかまわないです。自覚させます。

物事を考えさせ、なぜダメだったのかをしっかり理解してもらうことで、

思考力、考える力がついていきます。




もしそれが2回目や3回目ならどうでしょう。

さすがにおかんの間荷袋の緒が切れたとでもいいましょうか。しっかり駄目だよっていって

反省させてください。甘やかすとまた繰り返しますよ。


※注意

もし最初から怒鳴りちらして怒ってはだめ!

「どうせ僕の意見なんてどう言ったって通じないやいっ」と口を開かず黙りこむようになります。

まずは子供の立場に立って考えてくれたらうれしいです。

なのでなるべく、おおらかな気持ちをもって接してあげてください。




可能性は無限大


こんにちは

チルドです。

朝からブログ更新します。


今日は、何事も若ければ若いほど可能性は無限大ということお伝えしたいです。

子供のうちは勉強や運動が柔軟に受け入れやす体になっています。

特に0~5歳までがすごいです。



小学1年生の映像ですが是非、見てほしいです。



[運動]
http://www.youtube.com/watch?v=kNHp9tyAGSE

右のリンク項目に貼っっております。





見た感想。すごーい。と思う方が多いと思います。



まだ我が子も間に合うかも知れません。挑戦しましょう。

無限の可能性がある分、誰でもできるようになるのじゃないでしょうか。


子供が楽しそうに幸せそうに熱中しているものがあったら応援してください。

楽しいことが一番成功しやすいと思ってます。
絵が上手な子、足が速い子どんどん育ててあげてください。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
関連サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。